JRホームに着くけどJR出口は出られません。
伊豆箱根鉄道線内だけ特急「踊り子」に乗ってきた人が三島駅で下車するには意外なルートを通る必要がありました。

東京と修善寺を結ぶ特急「踊り子」はJR線と伊豆箱根鉄道駿豆線の直通運転の関係で三島駅では東京行き・修善寺行きともにJRの1番線を発着します。

乗り通す人やJR線内だけ乗る人は良いのですが、問題は修善寺方面から乗って三島で下車する、つまり伊豆箱根鉄道線内だけ乗車するとちょっとだけややこしい問題が生じます。

三島駅はJR線と伊豆箱根鉄道線で別改札となっているからです。

「踊り子」を伊豆箱根鉄道線内の乗車で済まようとしてもJR線ホームに勝手に連れて行かれます。本来いてはいけないはずのJR線改札内。

とはいえ勝手に連れて行かれたのですから、「JR線の改札口を出れば良いのではないか」と普通は思います。しかし、JRの出口は通れないと車内アナウンスされるのです。

ではどうやって改札外に出るのか。一度聴いただけで理解できる人は少ないのではないか。

そこでしずトラでは実際に体験しながらレポートすることにしました。画像再現付きです。

実体験+再現レポート

2018年3月某日、伊豆長岡から乗った修善寺発東京行き特急「踊り子」は三島に差し掛かります。

車掌によるアナウンスが流れてきました。

ご乗車ありがとうございました。まもなく三島、三島に到着です。
踊り子号を三島までご利用のお客様は伊豆箱根鉄道の有人改札口をご利用ください。
JR三島駅北口・南口改札はご利用になれませんのでご注意ください。

JR1番線到着、お出口は左側です。

わけがわかりません。

JR東海道本線が見えてきたと思うのも束の間、JRの駅名標があるホームにぐいぐい近づいて行きます。
JRホーム

乗ってもいないJRの1番線に到着しました。
JRホーム

本来いてはいけないはずのJR線ホーム。目指すは伊豆箱根鉄道線。変な感じがします。

ここからは再現です。

1.JR1番線ホームに到着するので「伊豆箱根鉄道線」の標識を頼りに連絡通路を進み、伊豆箱根鉄道線連絡口(のりかえ口)まで移動します。

2.伊豆箱根鉄道線連絡口(のりかえ口)の駅員のいる通路で駅員にきっぷを渡して改札外に抜け出ます。伊豆箱根鉄道駅舎から外に出ることになります。(JR南口・北口改札口は出られません)

連絡口から入りかけて出口を出る。連絡口と通常の改札口の窓口(有人改札)は兼務できるよう配置されているのでこれを利用してV字型に通り抜けるわけです。ウルトラV。

かなり変則的というより反則的といって良いくらい。普通にやるとルール違反になるようなルートが正規ルートなのですから。誰が考えたのか長いことこのような方法が採られてきたのなら実に不思議ですが、三島で下車する人はあまりいないから問題ないのかも知れません。

無言でも何だしと思い「踊り子でした」といいながら駅員にきっぷを渡したところ、「ありがとうございました」と言われ、あっさり外へ出られました。動線の複雑さと似合わないほどいとも簡単に出られることにいささか拍子抜け気味です。

ちなみに特急「踊り子」ですが伊豆箱根鉄道線内は普通乗車券のみで普通車自由席に乗れます。特急と思えば古臭いこの車両も“タダ”だとなぜか快適です。もっと乗っていたい。

2018年3月取材

関連記事

西鹿島駅 天竜浜名湖鉄道線から遠州鉄道線のりかえ道順

西鹿島駅 遠州鉄道線から天竜浜名湖鉄道線のりかえ道順

三島駅 JR線から伊豆箱根鉄道駿豆線のりかえ道順

JR静岡駅から静岡鉄道新静岡駅のりかえ道順

JR浜松駅から遠州鉄道新浜松駅のりかえ道順